別居 復縁 話し合い

別居後に復縁する場合には、前向きな話し合いが必要です

スポンサーリンク

 結婚をしていても、お互いのすれ違いが続くと、冷却期間が必要になる場合があります。
 その後、別居をして復縁の話し合いに至るケースもあります。
結婚生活の中で同居していると、毎日の生活を共にする事になります。
楽しい時には問題がなくても、疲れている時、病める時に問題が発生する場合などもあります。
嫌だと感じる回数が多くなってくると、別居が必要になる場面などもあります。
 しかし、離れてみるとお互いに相手の存在の大きさ、役割の大きさを感じる機会になる場合もあります。
あるいは、生活の不便を感じたり、経済的な面での重要性を感じる場合などもあります。
復縁の必要性をお互いが感じれば、話し合いを行う事によって、元の関係性に戻れる場合があります。
その際、気持ちの面でのズレを感じて別居に至った場合には、やはりお互いの気持ちを確認する必要があります。

スポンサーリンク

 別居後に復縁したい場合には、改めて話し合いの場を設ける必要があります。
中には、荷物などを取りに行っている時に、自然と関係性が元に戻るケースなどもあります。
唯、自然に元の関係に戻るのは、稀なケースでもあり、ある意味お互いの不自然な関係性が生じる可能性などもあります。
元の関係性に戻ってから、ぎこちない態度や会話になってしまう場合もあります。
できるだけ同じ事を繰り返さないためには、やはり復縁においても、話し合いの場を設けた方がいいといえます。
 別居以前の生活の中で、自分でも反省点などが認められる場合には、その点についてもお互いに認め合う必要が出る事もあります。
復縁する場合には、その後にお互いが以前と同じストレスを感じていたのでは、また失敗に至ってしまう可能性があるからです。
改善できる部分は改め、お互いに寄り添える部分を見出す前向きな話し合いが必要です。

スポンサーリンク