復縁 冷却期間 二週間

二週間の冷却期間は、復縁を呼び起こす場合もあります

スポンサーリンク

 恋愛途中においては、どうしても耐え切れずに、あるいは売り言葉に買い言葉となって、別れを迎える場合などもあります。
 しかし、二週間という冷却期間を置くと、復縁できる場合もあります。
この期間については、カップルによって、長くも、短くも感じられる可能性はあります。
カップルの中には、毎日頻繁に会っているケースなどもあります。
他にも、1週間に一回位のペースで会っていたり、会えなくても毎日電話やメールを欠かさない場合もあります。
 そのため、二週間という冷却期間を空ける事で、自分にとって相手の存在が大きかった事を知る場合もあります。
離れている間に、相手と話さないでいる事に、どうしよもない寂しさを感じる場合などもあります。
日常会わないでいるインターバルが短いカップルほど、別れた後の生活に寂しさを強く感じる事も多くあります。
お互いに寂しい気持ちを実感したところで、復縁になる可能性なども芽生える場合があるのです。

スポンサーリンク

 恋愛途中で別れてから、二週間という冷却期間を置くと、復縁に至るケースがあります。
この期間に、お互いが自分と相手との関係性を見直したり、自分にとっての相手の存在を確かめる事ができます。
気持ちの面での確認作業ができます。
自分自身のこころの内を確かめる事もできますし、場合によっては、相手の気持ちや行動を確かめるなどもできます。
 二週間という冷却期間については、落ち着いてゆっくり考え直してみる期間として捉える事ができます。
一人になった自由を満喫する事もできます。
唯、二週間という期間は、復縁した場合にも、元の状態に戻り易い期間でもあります。
付き合い期間が長い、短いに限らず、じっくりと自分を見つめ直し、相手の存在を再確認する期間としても利用できます。
相手を永遠に失う事になるか、あるいは復縁して出直すかなど、大切な事を考える期間として見る事ができます。

スポンサーリンク