別れたあと 連絡 復縁

別れたあとは連絡を控える方が復縁への近道

スポンサーリンク

大好きな恋人との別れは誰にとても辛いものです。
好きであればあるほど別れたくないと執着してしまい、相手を困らせてしまうことも少なくありません。
そして、別れたあとも何度も連絡してしまい、最終的には嫌なイメージを持たれてしまうなんてことがあっては本末転倒です。
恋人だった相手は何らかの理由があり、自分の中でけじめをつけたから別れという選択を選んだのです。
喧嘩などでとっさに口走ってしまった別れ話とかではないのでしたら、まずは相手の考えを尊重すべきです。
別れは誰にとっても辛いものです。
それを一度は好きで一緒になった相手に突きつけるのは本当は決めた方も辛く、罪悪感すら感じることもあります。
そのため、一度はそれを受け入れることでまずは恋人に良い印象を与えることがあります。
すっと受け入れるほど、相手は拍子抜けすらするかもしれません。
ですので、復縁を考えるのはそれからです。

スポンサーリンク

まずは、元恋人の考えを受け入れることで印象を悪くせず、別れを決断するまでに至ってしまった元恋人の中にある理由も忘れてもらうことが先決です。
そのために別れたあとは自分からはほとんど連絡をとらないようにします。
復縁をすぐ求めるのはもってのほかです。
環境が近くて会う場合は、あくまでももう友達だという一貫した態度を貫く方が賢明です。
そして、元恋人から連絡がきたときはきちんと返してください。
舞い上がらずに、冷静に対応し、また一から関係を築きあげる気持ちでいてください。
元恋人から連絡がこなかった場合でもあせらず、自分磨きや他のことに目を向けてください。
そこでの経験はきっと役に立ちますし、自分自身を成長させてくれます。
数か月後、何年か後に、本当に自分自身が変われた、別な異性にも目を向けるくらいの余裕ができたところで初めて自分から連絡できる段階といえます。
その時も同じく一から関係を築きあげると思ってください。
別れたあとは、むやみやたらにしがみつくのではなく、一旦現実を受け入れて自分自身の成長に目を向けることが長いようで近い、復縁への近道につながります。

スポンサーリンク