復縁メール 無視 心理

復縁メールを見て無視してしまう心理

スポンサーリンク

交際をスタートさせても様々な理由から破局を迎えます。
そして復縁を望む場合には復縁メールを相手に送ると言う行動を起こす方は多いでしょう。
相手に対する今の気持ちや破局の原因に対する謝罪等を一生懸命文にして相手に復縁メールを送ります。
しかし応答がなく無視されてしまうと言う状況に陥るケースが良くあります。
この様な場合に考えられる相手の心理は、もう完全に気持ちが冷めてしまっている場合と、返事をどうしようか迷っていると言う二つの理由が考えられます。
そして復縁の確率を上げる為には復縁メールを送るタイミングを考える事も重要です。
復縁を望むばっかりに焦りを見せてしまえば復縁するチャンスを自ら逃してしまう事にも繋がるのです。
復縁をする場合には、一度冷静になり時間をかけて行動に移していく事が大切であり行動の仕方にも幾つかのポイントが存在します。

スポンサーリンク

復縁の確率を上げるにはまず相手とは一旦距離を置く事が必要です。
破局の原因にもよりますが、人は一度距離を置く事で相手が自分にとってどれだけ大切な存在であったのかを知る事が出来るのです。
しかしあまり期間をあけてしまえば思い出だと割り切られるパターンもありますから一ヶ月から二ヶ月後に復縁メールを行うのがベストでしょう。
そしてメールの内容は極力シンプルな内容でなければなりません。
思い詰める余りにメールの内容が重くなれば相手の心理を悪く変化させてしまう事にも繋がります。
まず相手の様子を伺う為には元気でしているのかと言う他愛も無い会話を送信すると良いでしょう。
そして無視されてしまった場合には数日返事を待ちます。
それでも返事が無い場合には、これが最後のメールだと言う事を内容に含みまだ好きであると言う事を素直に短文で送ります。
それでも尚無視されるのであれば復縁の可能性は低いと言えます。
しかしかなり後になって相手から連絡がくる場合もありますから気長に待つ気持ちを持つ事も必要です。

スポンサーリンク