復縁おまじない 新聞紙 効果

新聞紙を使った復縁おまじないの効果とは

スポンサーリンク

 復縁おまじない、という言葉をご存知でしょうか。
その名の通り、復縁するのに効果のある、おまじない行動の事を指します。
このおまじないは、多種多彩のものが存在しますが、今回は新聞紙を使ったものをご紹介したいと思います。
 まず用意するものは、10cm四方に切り取った新聞紙です。
基本的に、どの新聞でも問題ありませんが、元恋人の誕生日と同じ新聞を用意すると、その効力が強くなるとされています。
 その切り取った新聞紙に、赤いペンで復縁した相手の名前を書き、2日間肌身離さず保管します。
そして、3日目。
その新聞を燃やします。
その燃やした灰を手に持ち、笑顔で吹き飛ばします。
 そうすると、復縁したい相手から連絡がかかってくると言われています。
これが新聞を使った、復縁おまじないの全貌です。
もし、復縁したい相手がいたら、試してみてはどうでしょうか。

スポンサーリンク

 さて、このような事を書くと、『本当に効果があるのか』と疑問に思う方もいるかと思います。
もちろん、この行為に科学的な根拠は存在しません。
薬のように、これをすれば、自動的に効果が表れる…と言うものではありませんが、実は別の効果があるのです。
 1つは、復縁したらどうしよう…と言うシミュレーションをする事が出来るようになります。
例えば、このおまじないをせずに、突然相手から連絡が来たらどうでしょうか。
舞い上がったり、慌ててしまい、結局は悪い結果になってしまうかもしれません。
予め、『復縁したらどうしよう』と考えるチャンスがおまじないにはあるのです。
 また、仮に失敗したとしてもメリットがあります。
それは、『ふんぎりが付く』と言う物です。
この新聞紙のおまじないに手を出していると言う事は、未練が残っているからに違いありません。
その未練を断ち切るという意味でも、理由は存在するのです。

スポンサーリンク