復縁 会う頻度

復縁するまでに会う頻度

スポンサーリンク

皆さん、こんにちは!お元気でお過ごしでしょうか?
今回は、「復縁するまでに会う頻度はどのくらい?」についてお話をしていきたいと思います。
一旦、彼や彼女に振られてしまっても、相手の事が忘れられない場合、人は復縁したいと思います。
その場合、別れている間に何か熱中出来るものや自分に自信をつけられるようなものを身につけ、相手に依存しない自立心を磨くことが大事になります。
相手に依存した気持ちのままでいると、また元カレ、元カノに会っても同じ失敗を繰り返してしまうからです。
その上で3ヶ月から半年くらいは冷却期間をおくといいでしょう。
その間に元カレ、元カノもあなたとの事を思い出しているはずです。
人は過去の楽しかった思い出だけをピックアップして思い出に浸る傾向があるからです。
そして更に相手と駆け引きをしていくことが大事になります。
まず、自分磨きをしていると自分に自信が持てるようになるので、いちいち相手の動向に動揺しなくなっていきます。
だから、一緒にいても安定した落ち着きを見せることが出来、それが魅力へと繋がっていくのです。
また、冷却期間をおくことで相手に付き合う前のような緊張感を持たせることが出来ます。

スポンサーリンク

ですので、大体別れてから3ヶ月から半年したら、メールを1通送り、自分が今どんなに充実した生活をしているか、楽しく過ごしているかを明るい調子で書きましょう。
相手を恨んでいるような暗い内容は、嫌がられるだけですので書かないようにしてくださいね。
ここで相手から会いたいという連絡が来たら、勿論会うべきですが、すぐに身体の関係を持ったり、相手の言いなりになってはいけません。
楽しく一緒の時間を過ごし、「また、次回まで。」と明るく挨拶して家に帰ります。
その後、お互いに連絡を取り合うようになっても、こちらから会いたい気持ちを伝えてはいけませんよ。
なるべくじらして、相手からあなたに会いたいと思わせる事が大事なのです。
こうやって駆け引きをしていく内に、相手はあなたのことを大事に思うようになります。
つまり、すぐ相手の思い通りに動かず、気持ちを焦らすことで相手はあなたのことを大切な存在だと認識するようになるのです。
ですので復縁するまでに会う頻度はそんなに頻繁ではないほうがいいですね。
具体的な数字を言うのは難しいですが、1ヶ月に一度の割合で会うようにし、様子を見つつ、会う頻度を変えて行けばいいでしょう。
ポイントはあなたがかけがえのない存在だと相手に認識してもらうことです。
そう思ってもらえれば、相手から復縁したいと言ってくるでしょう。
頑張ってくださいね!

スポンサーリンク