好き避け 無視 心理

相手が無視をする心理は好き避け?

スポンサーリンク

復縁をしたいと考えている相手に何度連絡をしても無視されてしまう場合、その心理の原因は好き避けの可能性があります。
好き避けとは言葉の通り、好きなのに相手を避けてしまうという態度を取ることです。
喧嘩別れ等の何かトラブルが原因で別れた場合や、自分から別れようと言い出した場合、自分がまだ相手を好きだと思われたくないという天邪鬼な性格の人も中にはいるでしょう。
心理としては自分から別れると言ってしまった以上、すぐに復縁の話しに耳を傾けるなんて軽々しく思われるかもしれないと考え、無視をしてしまうケースもありますので、本当に復縁をしたいと考えているのならば、まずは何が理由で別れたのか、一度自分の気持ちを整理してから相手へアピールしていきましょう。
そして一度や二度連絡を無視されてしまったからと言って、復縁を諦めることは止めましょう。
好き避けには色んなケースがありますので相手の心理状態を知る為にも距離感を大切にしながら行動に移すことが大切です。

スポンサーリンク

無視をしてしまう以外での好き避けは、友人達との集まり等でも誘いに応じなかったり顔を合わせる機会や話す機会を減らしていきます。
本当なら、このような態度を取られれば嫌われていると認識してしまうのですが、好き避けの心理としては好きなのに気付けば冷たい態度を取ってしまうというのが多いのです。
本人も無意識にしている行動の場合もあります。
その好き避けのサインに気付くために、普段の生活を振り返ってみましょう。
メールや電話は無視するのに話しかければ話し返してくれたり、仲間内で集まっても気付けば隣をキープしていたり、何か頼みごとをした際に自分の頼みや悩み相談には積極的にのってくれる場合があるはずです。
その貴重な一瞬を見逃さないようにしてみましょう。
意外と男女共に、似た傾向がありますので無視をされたからと言って、その心理は本音ではないということを念頭に置き、復縁に向けて相手の行動や言動に注目してみてほしいです。

スポンサーリンク