好き避け 男性 特徴 メール ごめん避け

好き避けやごめん避けする男性のメールの特徴

スポンサーリンク

本当は好きなのに避けてしまう、女性には理解しにくい男性特有の心理があります。
好きなのに話せないという、特にシャイな男性は、嫌われたり、変な風に思われたらどうしようという心理が働いて、好き避けをしてしまう方向に行きがちです。
つまり、嫌われるのが怖いという思いが働いて、つい避けてしまうのです。
特に、草食系男子はよく好き避けをする傾向にあります。
自分に自信がない、プライドが高い、恥ずかしがり屋の人に多いです。
中には、本当に嫌いだから避けているとう場合もあります。
しかし、よく観察していれば好き避けなのか本当に嫌いなのかの違いが分かります。
好き避けの行動をとる男性は、メールの返信においても、特徴的なパターンが見られます。
一般的には、気になっている女性からのメールには短時間ですぐに返事を返します。
興味があれば無視するということは考えられないでしょう。
そして、返信が来ない場合は脈なしの可能性が高いです。
嫌いな相手からのメールなら返す気もおきません。
普段冷たくてもこういったコンタクトは確実に返すというのが好き避けする男性の特徴といえます。

スポンサーリンク

また、メールの内容についてもこういった男性を見抜くことができる特徴があります。
一般的に、メールの内容は簡潔であることが多いです。
主に、相手の質問への回答などが中心で、それ以外だと自分の日常などの話題に触れることはあまりないと言えます。
このような点は、相手を気遣うごめん避けと見分けるポイントとなります。
ごめん避けでは、言い訳的な内容が多い傾向が多いと言われています。
こういった特徴から、相手が自分に好意を持っていることが分かったら、女性は工夫次第で相手との距離を縮められることができるでしょう。
まずは自然な内容の会話を始めてみましょう。
自分の身近な生活についての話題を振ってみて、相手もそれにのってくる可能性があります。
だんだんと自分のことも話し出すようになってこれば、その相手との距離が縮まっていると考えられます。
実際に顔を合わせる際に、気軽なあいさつをするというのも一つのポイントです。
このような行動やメールを繰り返し行っても反応があまり見られない場合は、思い切ってイベントなどに誘ってみるのも良いでしょう。
最近は、消極的で受け身な男性が多く、女性から誘われるのを待っている人も意外と多く見られるのです。

スポンサーリンク