女性 嫌い避け 態度 特徴

女性が嫌い避けをする時に見せる態度の特徴

スポンサーリンク

好きな人となんらかの原因で別れてしまったけれども、もう一度ヨリを戻したいと考えることがあります。
復縁ができるかどうかで最も重要なことは、自分だけではなく相手にも復縁をしたいという気持ちがあるかどうかです。
復縁は一度別れてしまった同士がくっつくため、通常の恋愛よりも格段にカップル成立をすることは難しいです。
また、復縁をしたいと思っているのが男性側の場合、女性側からの復縁よりも難しいことが多いです。
過去の恋愛を長く引きずる男性とは異なり、女性はよく昔から言われているように恋愛を「上書き保存」していく人が多いからです。
復縁のために女性にアプローチをしてもよいかどうかを見極めるためにも、嫌い避けをされていないかをチェックできるようになっておくと何かと便利でしょう。
最近では、恋愛だけではなく復縁のハウツー本まで出ている時代のため、本当は復縁をしたいのに避ける「好き避け」をする女性が増えたため、本当に嫌われている「嫌い避け」との見分け方を知っておく必要があります。

スポンサーリンク

復縁をしたいと考えている人の多くは、直接会って話すよりもメールや電話を使ってまずは連絡を取ろうとするのではないでしょうか。
好き避けでも嫌い避けでも女性が相手を避けているときによく取る態度として、メールは無視したり電話も取らない傾向があります。
しかしもしも嫌いだから避けている場合、そもそもメールはこちらに届かないようにアドレスを変えたりアプリであれば拒否したり、電話も着信拒否をしている、もしくはあなたがメールや電話をしたあとからされる可能性が非常に高いという特徴があります。
このように嫌い避けしている場合には、「嫌いだ」という態度が完全に避けるという特徴として見られる傾向があります。
世間体もあるため、メールや電話を拒否できなかったり、日常生活でよく会うのであれば、あからさまな態度をとることも出来ない場合もあります。
このような場合には、会話をしてくれても必要最低限しか会話をしなかったりすぐ会話を終わらせるという特徴があります。

スポンサーリンク