人見知り 特徴 女性

人見知りする女性の特徴と接し方

スポンサーリンク

他人に対し積極的になれることの出来ない人は、男女問わずにいます。
これは持って生まれた性質による部分が大きく、そう簡単に治せないものです。
では男性側の視線に立って、人見知りする女性に対しどう接すればよいのか、今回はそれを説明します。
まず、人見知りする女性の特徴としてあげられるのは、おとなしいことです。
他人とコミュニケーションを取るのが苦手なのだから、これは分かりやすい部分です。
そして、そんなおとなしい女性と接するときには、警戒心を解かすところから始めてください。
学校や職場など、顔を合わせてもおかしくないところで、ごく自然に挨拶をする間柄になるのが、最初のステップとなります。
これは一見すると地味な行為ですが、相手に対し、自分が日常的に接しても問題がない相手だというのを認識させるために必要な行為となりますので、意識してそれを継続させてください。
挨拶を交わすのに慣れてきたら、日常会話を交わすようにしてください。
飲みに誘ったり、一緒に遊びに行ったりするのは、それからとなります(人見知りの特徴として、他人と一緒に行動するのが基本的に苦手というのがありますので、そこを忘れないでください)。

スポンサーリンク

人見知りの女性に好意を持ってもらう方法としては、相手の波長に合わせるというものがあります。
これは男性の役割(自然な行動と言い換えても差し支えありません)として、相手をリードしたくなるというのがありますが、それが威圧的だと解釈されると、相手の女性は萎縮してしまいます。
相手と同じ視線に立つという意味からも、話題を相手に振らせ、話すときの速度も等しくするという技術がこの場合は求められます(早口で自分のことしか話さないと、向こうに軽薄で自己中心的だと思われてしまいます)。
相手と目線を合わせることも重要です。
ただし、このときに相手を睨むようになってはいけません。
相手を怖がらせると、その後のフォローに苦労することになります。
親しくなり、相手が好意を感じてくれるようになったと思ったら、自分の方から積極的に誘いをかけるようにしてください。
人見知りの女性の特徴として、自分からは告白できないというのがあります。
彼女たちは男性側のアクションを期待していますので、最後はリードする形を取ってください。

スポンサーリンク