男性心理 好意 話しかける 態度

別れた後に話しかける男性心理の態度と好意

スポンサーリンク

交際していた男性と別れた後に、自分から話しかけると嫌われる可能性があります。
なぜなら別れたという出来事は、相手の男性にとって人生の再スタートであるために、気持ちを切り替えたいという男性心理が働く可能性が高いからです。
そのため復縁を希望する場合については、別れたすぐ後に自分から話しかける事や、電話やメールなどをする事を控えた方が良いでしょう。
もっとも、別れた後に相手の男性の方から話しかける場合については、復縁の可能性が残っている場合があります。
例えば、相手の男性が笑顔で優しい態度で話しかける仕草をしてきた場合は、こちらも友好的な態度で接することによって、復縁できる可能性があります。
男性心理として、別れた後に寂しい気持ちや、交際していた彼女に対する未練が残っているケースがあります。
このような場合は、相手の男性の方から話しかける可能性があります。
もっとも、相手の男性が頑固な性格であったり、一度決めた事を曲げない性格である場合は復縁の可能性が低いでしょう。

スポンサーリンク

別れた彼女に話しかける場合に、好意が残っているかを判断する要素はいくつかあります。
その1つが、別れた後に遊びに誘ってくる場合は、相手の男性に好意が残っている可能性があります。
特に遊びに誘う場所が、2人の思い出の場所である場合は好意が残っている可能性が高いといえます。
また男性心理として、別れた原因によっても復縁できるか否かの可能性は変わってきます。
例えば別れた原因が、お互いの仕事や実家の事情などによる場合については、お互いに好意が残っている可能性があるために、復縁の可能性も高まります。
しかし、別れた場合が彼女の浮気等の理由による場合は、相手の男性の心は傷つけられます。
そして別れた男性の態度は硬化する事が多いために、復縁の可能性は低くなるでしょう。
さらに、別れた相手が話しかける場合であっても、それがイベントの用事や仕事の用事である場合などについては、好意が残っている可能性は低いと推定されます。

スポンサーリンク