復縁 諦める タイミング

復縁を諦めるタイミング

スポンサーリンク

とても大好きだった彼、彼女に振られてしまった、もしくは振ったけどやっぱりこの人しかいないと感じた時、頭に浮かぶのは復縁ということ言葉ですよね。
また一緒になりたいと思うのは自然のことです。
その場合、復縁したいことを相手に伝えなければなりません。
メールや電話になるでしょうか。
でもメールや電話で再度振られてしまうこともあります。
そのときはきっぱり諦める必要があります。
厳しいことを言いますが、今の状況では彼、彼女はあなたとの復縁を望んでいないのです。
アプローチするタイミングも必要です。
そして振られた場合はなかなか難しいものです。
諦めるタイミングは早々にやってきます。
復縁を迫って振られたらもうそこが諦めなくてはならない状況です。
これ以上迫ったら相手からしたら迷惑ととられてしまいます。
ひどい時にはストーカー呼ばわり。
気をつけましょう。

スポンサーリンク

自分が別れを告げたけどやっぱりこの人しかいないと思った方。
振られた時の人に比べてかなり復縁率は高くなると思っていいでしょう。
それは相手もそう思っていることが多いからです。
また、別れた後違う人と付き合ったことでやっぱりこの人じゃなきゃダメだと思うことも多いことも理由のひとつにあげられます。
その場合の諦めるタイミングというのは断定できません。
特別な理由がないかぎりはまた付き合う可能性はあります。
その特別な理由というのは次に述べるようなことです。
彼または彼女が自分以上に大切なものを見つけてしまった時…それが諦めるタイミングとなります。
もちろんそれは愛する人かもしれないし、趣味や仕事かもしれません。
まあそれもほんの一時かも知れませんが結婚を強く望む方には諦めた方がいいでしょう。
待っていたらいつになるかわかりません。

スポンサーリンク