嫌い避け 特徴 女性

女性の嫌い避けの特徴を理解するには

スポンサーリンク

別れてしまったがやっぱりどうしても復縁をしたいと考えてしまうような相手も、恋愛をしていく中では一度や二度あることでしょう。
復縁を成功させる上で大切なことは、相手が自分のことをどう思っているかということです。
別れた相手にずっと避けられていると思っていたが、実は好きだからこそ避けていた場合であれば、復縁がうまくいく可能性が高くなります。
しかし、好きで避けている場合もあれば、当然嫌いだからこそ避けている「嫌い避け」の場合もあります。
もしも仮に相手の女性に嫌い避けをされているとしたら、復縁は難しいかもしれません。
人はどんなに好きであった相手でも一度心の底から嫌われる方へとスイッチが入ってしまうとどうしてもプラスの感情を持ちにくいものです。
こうなると相手のマイナスな面ばかりが気になって、さらに嫌いだと認識されていきます。
好き避けと嫌い避けはどちらも避けている行動に変わりがないため、分かりづらいですが、以下の特徴を知っておくと区別がつきやすくなるでしょう。

スポンサーリンク

まずはじめに知っておかなければいけないこととして、女性は男性に比べて恋愛に関しては想いを引きずらない人が多いです。
どのような形であれ一度終わってしまった恋愛にはそのときこそ悲しみにくれることはあっても、短時間のうちに新たな恋へと進んでいくことができます。
たとえ、円満に別れた場合でも、昔付き合った男性とは連絡を一切取らなくする女性も多いです。
そのため、女性が嫌い避けをしている場合、最も分かりやすい特徴として、「嫌い」と認定されているためそもそも極力関わりたくないという心理が働いている可能性が高いです。
具体的には、会おうとしない、絶対に目を合わせてこない、何を言ってもそっけない、またメールの場合なら、返信をそもそもしない、などの特徴が挙げられます。
好きが根底にある好き避けでは、避けているような行動をとりつつも、あなたからも働きかけには何かと反応してくれるはずですが、嫌い避けではとにかくあなたとの関わりを一切持ちたくないという態度が前面に出されるということです。
この状態では、残念ながら復縁はまず難しいでしょう。
まずは嫌いだという感情を相手から取り除く必要があります。

スポンサーリンク