既婚者 好き 態度

既婚者が好きだという態度に用心

スポンサーリンク

結婚していても結婚指輪をしていない人も多く既婚者なのか外見から見極めるのは大変難しいです。
素敵だと思って好きなことを伝えてから、結婚の事実を知って後悔する前に、既婚者であることを確かめるようにして、無駄に傷つかないように用心してください。
既婚者は結婚しているせいか、気持ちに余裕がありガツガツしていない人が多いです。
そのため、自分よりもしっかりしていて頼りがいがあるように見えたり、精神的に強くて甘えられるような雰囲気もあります。
そんな人が好きだという態度をとってきたら断りきれなくなる可能性もあります。
たとえ断ったところで追ってくることもないので、気になってしまったら追う立場になり、離れられなくなるかもしれません。
それでは、既婚者と男女の付き合いにならないように、好きだという態度を見せられても人間関係を崩さず、お互いがなるべく嫌な思いをしないようにして、うまくかわすにはどうしたらいくつかご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

まずは、自分には恋人がいて幸せでうまくいっていることをアピールしてください。
これは恋人がいなくてもいるふりをするだけで、既婚者の男性に諦めてもらうことが出来ます。
何故なら、既婚者の誘いにつられて付き合ってしまうと、その後、交際していることが公になった時に修羅場を迎えて大変になるからです。
例えば、恋人の存在を男友達に頼むのもいい方法です。
また反対に恋人がいないのも効果があります。
ただしこれは結婚したいことも最初から態度に表すことがポイントです。
結婚のキーワードを出すだけで相手の配偶者と別れて欲しいことを間接的に伝えることにもなりますので、そこまでのリスクや責任を持ちたくない、真剣に付き合っていきたくなければ、すぐに遊びのお付き合いでもいいと言う人に心変わりしていきます。
そして最後に直接伝えることもしてください。
既婚者と付き合わないように用心していると言えば相手は今以上のお誘いは出来なくなるはずです。
結婚しているということは配偶者がいるということです。
付き合いがバレてしまえば配偶者から訴えられることもありますので、用心して交際に至らないように、うまくかわしていきましょう。

スポンサーリンク