好き避け 嫉妬 女性 心理

好き避けをする女性の嫉妬の心理

スポンサーリンク

好き避けとは何かと言いますと、これは言葉にあるとおり、「相手のことが好きなのだが避けてしまう状態」を指します。
そう記すと学生時代の恋愛沙汰を連想する人が少なくありませんが、これは成人にも当てはまる事柄なのです。
今回は好き避けをしてしまう女性、その嫉妬にまつわる心理について説明していきます。
好きな人が他の異性と仲良くしている場面を見ると、不快感を覚えるというのは、誰にでも見覚えのある心理反応です。
これがいわゆる嫉妬心(ジェラシー)に結びつくのは珍しい話ではありません。
そしてこのようなとき、女性は自分を守ろうという心理が少なからず働き、好きな相手に対し冷たい態度を取ってしまうことがあります。(この種の行動を指して、好き避けと言う場合もあります。)
ただ、こうした行動を取ると、自分が傷つかない代わりに、好きな相手から不快感をもたれ、嫌われてしまうケースが多々あるため、あまり好ましいものとは言えません。

スポンサーリンク

好き避けをする女性の心理として、嫉妬心の他に、あまのじゃくというのがあげられます。
相手に対し、自分が好意を抱いていると気づかれるのが恥ずかしいと思うと言えば、学生時代の恋愛のようですが、社会人になってもそれを繰り返す人は少なからずいます(簡単に矯正が聞かないから、人格とか性格というものが成り立つのです)。
ただし、あまのじゃく状態がずっと続くと、嫉妬心が激しい女性同様に、相手から疎まれることが多いため、ずっとそれを続けるのは好ましくありません。
単純に自分のことをアピールするのが苦手という場合もあります。
好きな相手に対し、積極的に恋愛関係になるように働きかけるのは、プライドが許さないという女性は、別段珍しくありません。
このケースのときは、自分の気持ちに素直になることが、事態打開の鍵になると言えます。
以心伝心という言葉がありますが、黙っていても相手に気持ちが伝わるというのは希で、やはり自ら考えて行動する必要があります。

スポンサーリンク