好き避け 男性 視線 特徴

好き避け男性を視線の特徴から見抜く

スポンサーリンク

好き避けとは何かと言えば、好きなのに相手を避けてしまう、好きな相手にこそ冷たい態度を取るという行動を指します。
そう記すと学生のときの恋愛を連想させますが、成人男性でもこの種の行動を取ってしまう人は実は珍しくなく、いわゆる草食系はだいたいそんな感じだと言われています。
今回はそうした好き避けをする男性の特徴を、視線の動きなどから見抜く方法を説明します。
好きな人に対し、避けているとの印象を与えるような行動は、相手を勘違いさせる原因となります。
しかし近年では恋愛に対し積極的ではない男性が増えたため、女性側に好意を見抜くための眼力が必要とされる傾向にあります。
では、どのような行動から好き避けをする男性の心理を読み解けばよいのかと言いますと、視線が一番分かりやすい特徴となります。
これは好意を抱いている相手に見つめられると、反射的に視線をそらしてしまうという状態を指します。
俗に目は口ほどにものを言うと言いますが、それがそのまま当てはまるのです。

スポンサーリンク

好き避けをする男性の多くは、羞恥心が強いと言われています。
好きな相手に対し好意を悟られるというのが、その中でも一番恥ずかしいものだとされており、彼らは好意を抱いている異性にまっすぐ見つめられると、赤面するという特徴を持ちます。
これは極めて精度の高い情報だと言えます。
なぜなら、嫌いだと感じている相手と視線を交えて頬を赤らめる人はまずいないからです。
子供と反応が変わらないとも言えますが、人間の軸になっている部分は、多少年月が経過しても変わりません。
好きな相手と視線を合わせられない男性の特徴の一つに、会話中に自分の身体を不必要に触るというのがあります。
緊張からそわそわしていると見られる行いです。
また、このときに言葉を噛んで、うまく発言できないということも、同時に起きることがあります。
相手に嫌われないようにしようとの意識が過剰になり、心理的に不安定になるからです。
こうした相手に接するときは、はっきりしない態度を叱るのではなく、リラックスするように促しましょう。
慣れが問題を解決してくれることは多いと言えます。

スポンサーリンク