復縁 無理なパターン

復縁するのが、無理なパターンとは何か

スポンサーリンク

 とある理由で別れてしまったけれど、冷静になるとやっぱり恋人の事が好きな事に気づき、最終的には復縁する…という話はそれほど珍しくありません。
しかし、全ての恋愛のパターンで復縁が出来るとは限りません。
今回は、無理なパターンに絞って、いくつかご紹介したいと思います。
 別れた時、どちらか片方が『連絡を取る事を拒否している』場合、元に戻るのは難しいとされています。
例えば、着信拒否をされたり、そもそも携帯電話自体を変えてしまっている場合がこれにあたります。
復縁は、両者が歩み寄るのが最低限の条件になるのですが、これでは片方が拒否をしている状態なのです。
こうなってしまうと、新しい恋を探す方向に切り替えた方がよいでしょう。
 また、付き合った期間が長く、その後に別れた後であると、元に戻るのは非常に困難だとされています。

スポンサーリンク

 何故ならば、長期間付き合っていると言う事は、相手の良い部分・悪い部分を知り尽くしているからです。
知り尽くした上で、どうしても許せない部分があり、結果として別れる事になったのです。
このギャップを埋める事は不可能に近い部分でしょう。
もし万が一元に戻りたいと考えるなら、今までの自分の生き方自体を変えるぐらいの大きな力が必要なります。
 復縁は決して悪いものではありません。
しかし、一度別れたものが元に戻るためには、多大な労力が必要になるのも事実です。
どのような物にも通じますが、一度別れた物は、全く同じようには戻りません。
同じように見えたとしても、それは全くの別物になるのです。
そのような覚悟が両者に必要になってくるのです。
 また、どうやっても復縁は無理なパターンも存在するのも、ご紹介した通りです。
自分パターンがどうなのかを、しっかり見極める必要があるのです。
 スポンサーリンク