既婚男性 好意 行動

既婚男性の好意を表す行動に用心を!

スポンサーリンク

人間はいかなるときでも恋愛感情を持って生きているものです。
これは幼稚園のときに先生に対し抱いた淡い恋心、老人ホームに入居した後に結婚するカップルが意外に多いという事実から、単なる感情論ではないのが分かります。
これは既婚男性についても例外ではありません。
人間関係でトラブルを起こしたくない女性は、彼らの行動からその真意(各種の好意)を読み取り、用心する必要があります。
今回はその方法について説明していきます。
既婚男性と言えば、社会的信用があって、それなりの地位を持つ人という印象があります。
そして高位にある人間は直接的な表現を避けるという印象もあり、行動から好意を読み取るのは難しいのではないかと感じる人はたくさんいます。
しかし、人間はいくつになっても、基本的な部分は変わりません。
特に恋愛に関しては、学生時代の延長のようになっている人が全体の過半を占めます。
これはどういうことかと言いますと、好意を抱いている相手に対し、ついボディタッチをしてしまうという既婚男性が少なくないのを意味します。
好きな異性の身体に触るという行動は、学生のそれと変わりません。
相手が既婚者だから、身体に触られても別に平気だと考えるのではなく、用心する必要があります。

スポンサーリンク

相手が職場の同僚であれば、職務上話をする機会が多くなりますが、それ以外の話、つまりプライベートに関する事柄が最近増えてきたというのも、好意を読み取りやすい行動、その一つになります。
これは家庭生活がうまくいっていないという、実は寂しいとの訴えを含んだものであれば、より顕著だと言えます。
そうした話題が振られた後に、恋人がいるのかどうかと訊ねられたとなると、自分と付き合えるかどうかという探りを入れられたのと同然になるため、用心しなければなりません(適当な返事をしてお茶を濁すようにしましょう)。
二人きりの時間をなるべく作ろうとするようになったら、より用心が必要です。
通常、既婚男性であれば、面倒な噂を立てられないようにと、そうした状態になるのを避けるものなのに、向こうからそうしてきたとなると、相手の女性と関係を結びたがっていると言外に宣言しているのと同じです。
職場の上司だから、残業に付き合ってくれたとお礼として誘われると、断りにくいというのもあるかも知れませんが、その場合はなるべく飲酒を控え、既婚男性との交際は避けていることを暗に示す、または差し障りのない言葉で相手に伝えていく方が賢明でしょう。

スポンサーリンク