年上女性 好意 接し方

年上女性が示す好意への接し方

スポンサーリンク

人間は恋をする生き物です。
それは年齢性別、国籍を問われるものではありません。
身近にいる相手、今は遠くに行ってしまった幼なじみなど、その種の話は尽きることなく語られています。
今回はそんな誰しもが関心のある恋愛の中で、年上女性に好意を示された場合、どのような接し方をすればよいのかを説明していきます。
ある程度年齢に隔たりがあるとは言え、人が他者に対し示す好意のサインは、基本的に同じです。
これを分かりやすい例を用いると、気がつけば視線がよく合っているというものがあげられます。
気になる異性を目で追いかけてしまうのは、年上女性も一緒です。
視線が明らかに交差した後に、別に見ていた訳ではないと仕草で返すのは、ほほえましいサインの一つです。
飲み会に行った際、いつも隣の席にいるというのも、分かりやすい好意の表し方です。
これは学生時代のときもそうなのですが、気になる異性の隣の席をキープしたがる人は珍しくありません。

スポンサーリンク

年上女性が示す、数々の好意のサインに気づいたら、即座に接し方を変えるべきなのかと言えば、実はそうでもありません。
やはりこちらから返事をするにしても、段階を経ていく必要があります。
まず、彼女のことをある程度まで、特別扱いするようにしましょう。
これは男女に共通していることなのですが、明らかに別格として扱われて喜ばない人はいません。
とりわけ年上女性の場合は、自分の年齢に引け目(コンプレックス)を感じていることが多いので、ちょっと大げさなぐらいでちょうどよいと言えます。
ただし、その場の空気を読むことを忘れないでください。
年上女性に対する接し方の中で、とりあえず甘えておこうと考える人がいますが、それはやめておいた方が無難です。
彼女たちも女性らしく男性に甘えたいという心理を持っているため、そこを意識してあげましょう。
相手と結婚をする気があるのであれば、それをちらつかせるのが、一番効果的です。
相手の方から切り出せないと察したら、自分から言ってあげましょう。

スポンサーリンク