男性が好きな人にとる態度 年下

男性が好きな人にとる態度は年下でも一緒?

スポンサーリンク

好きな人ができた男性の態度というものは、傍目からも分かりやすいものが多くを占めます。
これは早熟で、幼い頃から精神的な成長が著しい女性とは違うもので、性別による差異だと言えます。
今回は、そんな男性が好きな人にとる態度と、それは年下でも変わらないのかを説明・検証していきます。
男性が異性を好きになる理由として挙げられるのは、本能が第一位となります。
これは男性が理性に乏しいのではなく、子孫を作ろうとする心理による影響が大きいのです。
女性は年齢を重ねる度に、出産に対するハードルが上がっていきます。
若いうちならば何人も産むことは可能ですが、30代後半以降ともなると、条件はかなり厳しくなります。
男性が年下の女性を好むことが多いのは、この女性ならば、たくさん子供を産めそうだという心理がまず働くためです。
自身の遺伝子が残せそうな相手と組むというのは、子孫繁栄を願う生物の本能に直結した行為だと言えます。

スポンサーリンク

では、男性が好きな人にとる態度とは何かと言えば、相手のことをとにかく助けようとする(各種の親切行為)がまずあげられます。
これは対して重くもなさそうな荷物を、自分から持ってあげると言いだし、自身に頼りがいがあるところをアピールする行為などを指します。
学生時代では度々見られる光景とも言えますので、一般的には一番なじみがあるものでしょう。
学生時代を更に取り上げると、相手に対しいちいち突っかかっていく(イタズラをしたり、相手をわざと怒らせるような行為をしつこく繰り返す)のも好意の表れだと言えます。
これは相手が嫌がるような真似をすることで、自分という存在をすり込もうとしているのです。
何をするにしても、一番困るのは無関心です。
空気同然に扱われていては、近づくことすらままなりません。
ままごとをしている年下の女の子のオモチャを取り上げて騒いでいる腕白坊主もまた、男性が好きな人にとる態度、その典型例の一つなのです。
格好をつけたり、休日に何をしているのかを聞きたがるのも、その種の態度に含まれます。
そう記すと、学生時代と大差ないと感じる人も多いのですが、人間の本質は多少の時間の経過程度では変わりません。
異性に対し分かりやすいサインを発し続ける人は、無邪気で素直だと言えるでしょう。

スポンサーリンク