上司 部下 好き 態度

上司が部下を好きという態度

スポンサーリンク

職場での関係は、仕事を通じたものになる事が多いですが、気持ちが通じ合えば、恋愛関係に発展する可能性もあります。
上司が、部下に対して好きという態度を示す場面には、わかり易い内容として、特定の異性を飲みに誘うなどがあります。
一般的に見ると、上の立場にある人は、チームワークを大切にして、仕事で会社に貢献する形が多くなります。
にも関わらず、特定の異性に対してだけ、仕事の関係性があるからといって、誘う行為が目立つのは、好意的な気持ちをもっていると読み取れます。
やはり上司の場合には、部下に対して、分け隔てのない態度で接する様に気をつけるという場面が多くなります。
職場には、周囲に人も大勢いますので、特定の異性を誘うのは、目立った行動でもあります。
特に職場から離れた場所に誘う場合には、相手の出方次第で、恋愛に発展するというケースもあります。
両者の好きという気持ちに通じる部分があれば、どちらかの一歩踏み込んだ行動で、恋愛の始まりに繋がる事があります。

スポンサーリンク

職場の上司と視線が合う回数が多い場合には、部下に対する好きという気持ちが表れた態度になっている事があります。
人の視線は、相手に興味をもっていたりすると、相手の動きを追ってしまう事があります。
動きを察知する場合もありますが、一瞬でも相手をジッと見てしまっている事もあります。
余程仕事でミスをする回数が多い部下の場合には、上司からすると心配で監視している可能性はあります。
それ以外の場合には、相手の事がどこかで気になっている状態といえます。
直属ではない上司と部下の関係であっても、視線を感じた事で、アクションをする事はできます。
会社の飲み会などは、合同で行う事もありますし、別の課の同僚を飲み会に誘いつつ、相手の上司も誘うという場面を作れます。
その際に、共通の話題などを探りながら、会話を進めていく事ができます。
ちょっとした事をきっかけに、メールなどのやり取りが始まると、頻繁に連絡を取る様になるというケースはあります。
好きという態度に部下からも応える事で、恋愛に繋がるきっかけになります。

スポンサーリンク