既婚女性 好意 態度

既婚女性の態度から好意に気づく

スポンサーリンク

人間はどんなときでも恋をする生き物だと言えます。
これは年齢・性別・国籍を問わない、普遍の真理だと言えます。
しかし、好きになった相手に、既に配偶者がいる場合だと、どう接してよいのか分からないという人が多数います。
今回は既婚女性が示す態度から、好意を読み取る方法を説明していきます。
人間は嫌いだと感じる相手には、基本的に近づきません。
これは学生だけではなく、社会人になっても変わらない行動理念の一つです。
既婚女性の態度から好意を読み取る方法の一つとして、向こうの方からあなた(男性)に近づいてきたかどうか、というのがあります。
仕事柄、常に接しなければ行けない相手というのは常にいますが、特に用事もないのに積極的に接してくるというのは、少なくともその男性に興味や関心があることを意味します。
会話をしているときに、よくボディタッチをしてくるという場合は、特にそれ(好意)が顕著だと言えます。
周りからも分かりやすいサインだと言えるでしょう。

スポンサーリンク

相手が既婚女性とは言え、仕事や立場上連絡を取らねばならない間柄(職場の同僚など)であれば、メールアドレスの交換を済ませている人が多いでしょう。
一昔前ならば相手との連絡を取りたくても、固定電話にかけるしかなかったため、公的な用事以外の電話はかけられなかったのですが、現在ではその辺の事情が違います。
もし、特に必要もないのに、電話やメールが相手から頻繁に来るというのであれば、それは構って欲しいというサインとなります。
人間はどうでもよいと感じている相手と連絡を取ろうとはしません。
会話やメールの内容が取り留めのないものが続くようならば、特にその傾向は強いと言えます。
既婚女性と言いますと、恋愛経験を積んでいるとの印象がありますが、お見合い結婚などで相手と関係を結び、その経験が不足している場合は、態度が分かりづらい(目を軽く合わせただけで、恥ずかしがってそらすなど)場合があります。
そういうときは男性側からモーションをかける方もいらっしゃいますが、相手は既婚者ですので、家に帰れば家庭があり、配偶者もいます。
そのため既婚女性との恋愛は、一歩間違えば相手の家庭を壊すことになりかねません。
その上、相手の女性の配偶者に交際していることが分かると、慰謝料を請求されたり、職場を退職せざるを得ないような状況に追い込まれるケースもあるのです。
ですので、既婚女性から好意を持たれたとしても、こちらからは積極的に食事に誘ったり、二人きりになるような機会を持つことは極力避けるようにしましょう。
ご自分の人生を自ら壊すような真似はしないように気をつけてくださいね。

スポンサーリンク