美容師 好意サイン

美容師に好意サインをうまく伝える方法

スポンサーリンク

美容師は女性に人気のある職業だと言われています。
これは美容院に足繁く通う女性は多く、身近に感じられるということも大きいためです。
しかし、美容師と恋愛関係になろうと思ったら、そのハードルは意外に高いというのが現実です。
では、どのような手順を踏めばお目当ての相手と仲良くなれるかと言えば、まずはその美容院の常連になるようにしましょう。
予約をする際にも指名を入れて、自分という存在を相手にアピールし、記憶してもらうのです。
これはいきなり好意サインを全開にしても、相手に気付いてもらえない、もしくはよく知らない相手だからと敬遠される傾向にあるためです。
もちろんこの方法は一定の予算を必要としますが、相手に自分のことを覚えてもらう手段であり、自分磨きにも繋がるものだと考え、割り切るようにしましょう。
相手に対し好意サインを発するようにするのは、向こうから定期的に来る常連さんだと思われてからにしましょう。
全てはそこからです。

スポンサーリンク

無事に常連になった後は、相手との会話を楽しむようにしましょう。
美容師は接客のプロですから、こちらが気を遣わなくても話を盛り上げてくれますが、このとき相手の話を親身になって聞くことが大切です。
これはカット中に仕草を交えて応じるのは難しいため、言葉のみで応じる必要があります。
ただし、鏡を通して相手の目を見ることができるため、それを利用するようにしましょう。
俗に目は口ほどにものを言うと言いますが、目は好意サインを相手に伝えたいと感じたとき、大変便利な部分となります。
美容師との会話に慣れてきたら、その内容を徐々にプライベートにまつわるものに変えていきましょう。
これはいつまでもお客さんのつもりでいる気はないということを示す好意サインとなります。
なお、そのときにメールアドレスの交換などができれば、一気に距離を縮めることが可能になります。
慣れていないうちに接近しようとすると、たいていうまくいきません。
しかし、恋愛にはときに強引な局面打開が迫られる瞬間があります。
機会を捉えるのに必要なのは勇気なのだと覚えておきましょう。
積み上げてきた好意サインは決して無駄にはなりません。

スポンサーリンク