復縁後 冷たい

復縁後冷たいのは仕方ないことと受け入れる心の余裕をもつ

スポンサーリンク

大好きな恋人や配偶者との別れはトラウマになるほどの衝撃や辛さがあります。
ですが、縁あって復縁する人も世の中にはたくさんいます。
せっかく縁あって一度離れた愛がまた巡り合ったのですから、その関係性は大切にしたいものです。
もともとはお互いに好きあって一緒になった二人ですが、何らかの理由があって別れにまで至ってしまったわけです。
好きになった人と別れを決断するわけですから、それ相応の何かしらどうしても譲れない事情、相手は相手なりの考えがあって決めたと考えられます。
多少の壁であれば好きな気持ちがあればなんとか乗り越えようと好きな人のために頑張るものです。
ですが、その壁を乗り越えるほどの情熱がなくなってしまったということも受け入れなければならない現実としてあったかもしれません。
つまりその時点で恋人、配偶者の気持ちにズレが生じていたともいえます。

スポンサーリンク

それでも復縁したのはやはり心の中に相手を思いやる気持ちがあったからです。
縁があったからです。
復縁後に冷たいのは、いったん情熱をなくしてズレてしまった気持ちは現実としてあったので、それは辛いですが受け入れなければなりません。
1からのまっさらなスタートではなく、山あり谷ありをのりこえた言わば疲れ切ったあとのスタートなのです。
復縁後に冷たいのはさみしいことですが、好きだから、どこか惹かれる部分がやっぱりあったからまた寄りを戻した二人なわけですので、悲観的にならず、自信をもって笑顔で明るく接していればまた、楽しい日々が過ごせるのも遠い日ではありません。
好きな人の笑顔は誰もがうれしくなるものです。
めげずに、広い心で、余裕を持つくらいの気持ちで、新しい関係性をまた築きあげていけば、幸せな未来がきっとまっています。

スポンサーリンク