メール 顔文字 好意

メールに顔文字を使うと好意を持たれる?

スポンサーリンク

好きな人と何らかの理由で疎遠になってしまった場合、焦って元の状態に戻そうとすると、相手にとってはかえってそれがうっとうしかったりわずらわしくなりするために、さらに関係が冷めてしまうことも珍しくありません。
復縁しようという一途な気持ちで何らかの行動を起こしたい気持ちも、もちろん頷けることなのですが、よく状況を考えた上で行動するのがお勧めです。
頭の中を整理せずにすぐに感情にしたがって行動を起こしてしまうと、相手にとっても本人にとっても同じ過ちを繰り返すことになり、修復が困難になることもあります。
そのためにも、客観的に見てどんな行動を起こすことが復縁につながるかをじっくり考えて行動選んで行きましょう。
距離感を持ってコミュニケーションをとるにはメールは最適なツールです。
しかし、堅苦しい書き方であれば、相手に引かれてしまう可能性も少なくありません。
また、頻繁に送信するなどすれば、相手にとっては迷惑だと感じる思いを抱かせてしまうので、適当な頃合いを見て送信するようにしましょう。

スポンサーリンク

その際に、過剰になりすぎない程度の顔文字を使うことは差し支えありません。
これは、相手にとってもややくだけた印象になるだけではなく、お互いの気持ちの疎通がしやすくなるという効果も期待できるからです。
テキストだけでは、感情が伝わらないこともあれば、誤解を与えてしまうこともあるのがメールのデメリットです。
そのためにも適切な顔文字を入れることは、好意をもたれることが多いのでお勧めの方法です。
しかし、メールのテキストに加えて顔文字を使う場合にも、あまり過剰になり過ぎないように注意しましょう。
好意を持ってほしいという思いから、頻繁に顔文字を使ってしまうと、返って軽い気持ちでメールしているのではないかと誤解を招く可能性も少なくないからです。
そのためには、適度に使うように工夫してみましょう。
好きな人と些細な喧嘩や行き違いで疎遠になって別れてしまっても、一定の期間が過ぎれば、冷静に判断できることもあり、お互いの存在の大切さを再認識できることもあります。
そのためには、好意を再度もたれるようにメールには顔文字を使ってみるのがお勧めです。

スポンサーリンク