好き避け 無視 女性 態度

好き避けで無視してしまう女性の態度

スポンサーリンク

好き避けをする女性の特徴は、恋愛に対し臆病であり、自尊心が素直になることにブレーキをかけていることです。
これは主に意中の相手を無視するという態度になって現れます。
では、無視するにしてもどのような場面でそれをするのかと言いますと、隣にいても気付かないふりをするのが、その代名詞となります。
通常、知り合いと隣の席に座れば、話の一つもするものですが、好き避けをする女性は、意中の相手と話をしたら、会話内容や仕草などから気持ちを察せられるのではないかと考え、それができないのです。
そのため、相手に気持ちを察せられず、尚且つ揉めないで済むようにと、沈黙を貫く傾向にあるのです。
もっとも、これは相手側からは嫌われているから無視されているのだと思わせることが少なくありません。
そして、せっかく隣の席に座ったのに、どうして話しかけようとしなかったのかと、彼女たちは後悔する傾向にあります。
このように、好き避けをする女性は、自身の性格に振り回されるものなのです。

スポンサーリンク

こうした女性の態度は、周囲に他の人がいても現れることがあります。
それは集団で話をしているとき、意中の相手とだけはまるで話そうとせず、傍目から見ても分かるような無視をしてしまうパターンです。
そしてこれは一度それをやってしまうと、以降態度を切り替えるタイミングが掴めず、ずるずると続けてしまう傾向にあります。
負のスパイラルに陥った彼女たちは、周りが空気を読むことにより局面を打開できることを期待するのですが、物事はそううまくいかないのが定番です。
好き避けから無視をしてしまう女性は、全般的に恥ずかしがり屋で不器用なのだと言えます。
告白して失敗したら立ち直れないのではないか、という恐怖心が恋愛から自身を遠ざけているとも言えます。
これを改善するためには、素直になる必要があります。
いきなり笑顔で話しかけるのが難しいのであれば、メールのように直接顔を合わせずに意思の疎通ができるものから始め、徐々に距離を詰めていくしかありません。物事を進展させるには、一定のリスクや時間が必要なのを忘れないようにしましょう。

スポンサーリンク