好き避け メール 女性 特徴

好き避けする女性のメールの特徴

スポンサーリンク

つまらないことでけんかをしてしまい、そのまま彼女と別れることになってしまったら、とても後悔しますし、簡単にはあきらめることができません。
けんか別れの場合は、お互いに感情的になり、突発的にそうなってしまった、というケースが多いので、比較的復縁はしやすいです。
しかし、相手の女性が好き避けをするタイプだと、スムーズに状況が進みません。
好き避けをする女性は、本心とは違う行動をしてしまうのが特徴だからです。
しかし、そうした性格の特徴も予測して、仲直りができるように歩み寄っていけば、相手の女性の心もほぐれていきます。
別れた直後は、無理矢理会おうとはせず、まずメールで連絡をします。
とりあえず謝罪の言葉をメールして、自分はやり直したいと思っていることを、さりげなくアピールします。
好き避けをする女性は、自分から謝りたくても、謝ることができません。
そのため、男性の方が折れて、まず謝ることで、関係の再構築を始めます。

スポンサーリンク

素直になるのが恥ずかしいと思い、なかなかメールの返事をしてこないのも、好き避けをする女性の特徴です。
そのため、すぐに返事をもらえるわけがないと、期待はせずに半分あきらめて送ります。
気持ちは焦りますが、しつこくメールを送ると、そのことで嫌われてしまう可能性があるので、二回目のメールは少し時間をおきます。
お互いに頭を冷やして、相手のことを考え直す時間は必要です。
そして、復縁する気持ちになったら、相手からちゃんと返事は来ます。
直接話し合う機会をもらうことができたら、どちらが悪かったかは関係なく、男性の方から謝ります。
そうすれば、女性の方も謝りやすくなるので、簡単に仲直りすることができます。
けんか別れしてしまうと、お互いが強情になり、復縁したくてもなかなか言い出せません。
しかし、本当に大切な人であれば、つまらない意地を張るのはやめて、早めに仲直りするきっかけを作るようにします。
男性から謝った方が、スムーズに復縁することができます。

スポンサーリンク