女性 嫌い避け 職場 特徴

職場で嫌い避けする女性の特徴

スポンサーリンク

嫌い避けとは名前にあるとおり、嫌いな相手を避ける行為を指します。
これは学生時代であれば、嫌いだと思った相手にそれをストレートに伝えても構いませんが、社会人ともなると、立場や人間関係があれこれと絡んでくるため、間接的に表現される傾向にあります。
では、女性がどのような感じで嫌い避けを表現するのかと言えば、目を合わせないことがその代表的な特徴になります。
これはいわゆる好き避けであるならば、目をそらすときも頬を染めたり、何となく気恥ずかしそうにうつむいたりするので、区別がつくのですが、職場で嫌い避けをする女性になると、話しかけても携帯電話に視線を落としたまま、返事をしても素っ気なかったり、早く話を打ち切りたいという雰囲気を、態度から表します。
職場でいつも同じ女性から目を合わせてもらえないのだとすれば、それは相手から嫌い避けをされている可能性が高いと言えます。
他の男性と接するときの態度と比べると、それはより分かりやすくなります。

スポンサーリンク

職場では事務的なやりとりをすることが多いですが、それ以外だとまるで連絡を取ろうとしない、メールを送っても返事がなかなか来ない上に来ても短いという場合は、相手から嫌い避けをされていると考えて差し支えありません。
二人きりになろうとすると、あれこれ理由をつけてそれを避けようとするのも特徴となります。
偶然その場に居合わせようとしたときでも逃げられることが多いため、それを察するのは難しくありません。
他の男性とは普通に話をしているのに、自分とだけはまったくしない、しても最低限にとどまっているという場合も、それをされている可能性が濃厚だと言えます。
飲み会のときに近くの席に座ろうとしたら、無言で遠ざかっていった場合もあてはまります。
これはアルコールが入ると、人間は本音が漏れることが多いため、それを警戒しているのです。
職場で嫌い避けをする女性の多くは、特定の相手と決定的に仲が悪くなるのを避けるため、このような行動に出る特徴があります。

スポンサーリンク