好き避け 後悔 女性 特徴

好き避けをして後悔する女性の特徴

スポンサーリンク

好き避けとは、意中の相手のことを意図的に避けてしまう行為を指します。
それ自体は学生時代から見慣れているという人は珍しくありません。
素直になれずにあまのじゃくな行動に出る人は、どんな場所にもいるからです。
今回はその好き避けをして、後悔する女性の特徴について説明していきます。
好き避けをする女性は、意中の相手にだけ仏頂面になる傾向があります。
これは男性全般と接するときがそうならば、相手もそんなに気にしないのですが、自分のときだけいつもムスッとした顔を向けられているとなれば、嫌われていると考えるのも無理はありません。
そして、その種の女性は、またやってしまったと自分の態度を後悔するものなのです。
しかし、後悔しても性格による部分が大きいので、そう簡単に修正が利きません。
同様の特徴として、ついきつめの言葉を浴びせかけてしまうことがあげられます。
本当は好きなのにつっけんどんな態度で接し、相手を萎縮させてしまうのです。

スポンサーリンク

隣にいても目も合わさず、つまらなそうな態度をとる、あるいはいても存在そのものを無視するという特徴もあります。
これは自分の気持ちを見抜かれるのを嫌がる気分が影響しているのですが、相手からは自分は徹底的に嫌われていると思わせることになり、それに気付いて後で落ち込むという悪循環に陥りやすいのです。
また、わざと避けるという特徴もあります。
これは相手が向こうから近づいてくるのを確認すると、進路を変えるとか携帯電話に視線を落として知らんぷりをするという行為を指します。
もちろん、その仕草にはわざとらしさが残るため、向こうからは目も合わせてくれないと思われてしまいます。
挨拶ぐらいしておけばよかったと後悔するパターンの一つですが、これもなかなか改まることがありません。
せっかく向こうからメールが来ても返信をしない、あるいはしても間が開くということもあります。
即座に返信したら気持ちを悟られるのではないか、という警戒心がさせるものなのですが、こちらもメールぐらい何ですぐに返せないのかと落ち込む女性が少なくありません。

スポンサーリンク