電話番号を聞く 男性心理

電話番号を聞く男性心理

スポンサーリンク

シチュエーションは様々ですが、異性に対し電話番号を聞く男性の姿は、珍しいものではありません。
これは誰しもが携帯電話を持つようになって以降は、挨拶代わりとも解釈されています。
では、彼らは異性に電話番号を聞く際、何を考えているのかと言えば、こちらも千差万別だと言えます。
男性心理の側に立って、それについて説明していきます。
特別な存在だと感じた相手だから、連絡先を確保しておきたいというのは、一番なじみのある光景です。
これは携帯電話が普及する以前から見られたものなので、恋愛のステップの一つだと考えている人が少なくありません。
そのため、電話番号を聞くのに失敗した男性は、振られたと考えて諦めてしまうことが珍しくありません。
ただし、一度の失敗ではくじけない人も含まれるため、連絡先を聞けなかったから失恋したと決めつけるのは間違いだと言えます。
もっとも、男性心理の常として、新しく知り合った異性だから、とりあえず電話番号を聞くということもあるため、恋の始まりだと言い切れない部分もあります。

スポンサーリンク

相手とは対等な友人として付き合いたいから連絡先を訊ねる、ということもあります。
これは男女関係を深読みしたがる人からは疑問視されるものですが、相手のことを性別が異なる友人として捉えている男性はそれなりにいるため、全く当てはまらない、とも言えません。
商業的な理由からそうした、というケースもあります。
これは飲み会で知り合った相手と連絡先を交換したら、何かしらの勧誘や販売をかけられるようになった、という話が近年では増加していることからも明らかです。
このようなケースの場合、男性は相手のことを異性としてではなく、ものを売るためのターゲットとして見ていたことになります。
単純に人脈を築きたいから電話番号を聞くこともあります。
こちらは友達の数、その多さがステータスだと考えている人によく見られるもので、そこから深い関係になろうと考えている訳ではありません。
男性心理を恋愛感情と絡めて見てしまう人は多いのですが、このようにそれとは無縁の事例はたくさんあります。
区別したいのであれば、まずは観察力を養うことから始めましょう。

スポンサーリンク