男性心理 メール 頻度

男性心理と復縁したい時に出すメールの頻度

スポンサーリンク

一度終わってしまった相手と復縁する事は必ずしも不可能ではありません。
別れた最初の頃は会う事や連絡をとる事さえ避けてしまいがちになりますが、しばらく経てばお互いに相手の近況が気になるものです。
もし別れ方が悪い方法でなかったのならばその可能性もさらに高くなります。
しかし、いきなり電話や直接会うのはなんだか気が引けます。
それはお互いにまだ気持ちがあってもなくても同じ事です。
今、相手には別の恋人がいては迷惑になるのではないか、未練がましいと思われたくない、など躊躇してしまうのが人間です。
メールであれば少し距離感もあり一番最初に使いたい連絡手段ですが、気をつけたいのはタイミングと内容と頻度です。
内容はもちろんの事、頻度も上手に使えば男性心理をくすぐる事も可能なのです。
あまり最初から何回も出すのは好ましくありません。
相手が忘れないくらいの頻度でやり取りするのがコツです。
そして返事もすぐに出さずに心を落ち着かせてから返事しましょう。

スポンサーリンク

まず重要なのはメールを出すタイミングと内容です。
相手が休みの日などはメールもチェックしやすいし、心にも余裕がありますので休日を狙いましょう。
仕事などで忙しい時に出してメールの返事がなかったり、既読にならないだけでも自分のストレスになります。
内容ですが、例えばつきあっていた頃にお互い一緒に楽しんだ事や共通の趣味についてが良いでしょう。
相手も好きな事なら嫌な気分にはなりにくいです。
さらにはお互いつきあっていた頃の楽しい思い出と自分の良いイメージを思い出させる事で男性心理をくすぐります。
相手が欲しいなと思っている情報などを提供してあげる事も重要です。
そしてやり取りが出来るようになったら普通の会話も少し混ぜてみます。
相手を気遣う言葉や感謝の気持ちを時折書いてみましょう。
相手からのメールが頻繁になればチャンスです。
少し距離をおいて男性心理をくすぐりましょう。
今までこちらからの連絡が多かったのに少なくなると男性は不安になります。
もしかしたら相手が積極的にアプローチして来るかもしれませんし、自分から気持ちを告白するよいチャンスになるかもしれません。

スポンサーリンク