2人きりで会う 男性心理

別れた恋人と2人きりで会う男性心理

スポンサーリンク

自分は好きだったのに、恋人からフラれてしまうと、簡単にあきらめることはできません。
新しい好きな人を作れば忘れられると、友達に励まされても、一度好きになった人は、自分の中からなかなか消えてくれません。
自分でも未練がましいと思っても、新しい恋人よりも、復縁を望む気持ちの方が強いです。
フラれてしまっても、たまに連絡を取り合っていると、ずっと関係はつながっているので、いつか復縁のチャンスが訪れるかもしれないと、期待してしまいます。
そういう時に、しつこく復縁を迫ったりすると、男性心理としてはどんどん気持ちが遠くなってしまうので、友達の範囲でのメールにとどめておきます。
そうして関係を続けていると、2人きりで会うチャンスが訪れます。
別れたのに、絶縁しないということは、気持ちが残っている証拠です。
いつかまた戻る可能性があるという、男性心理です。
都合よく扱われていると考えるのではなく、まだ自分にもチャンスが残っていると、前向きにとらえます。

スポンサーリンク

2人きりで会うことができたら、相手の気持ちが復縁に向かっていると考えて大丈夫です。
都合のいい男性心理ですが、他の女性に向かっていた気持ちが、こちらに戻りつつあるということです。
2人きりで会うことによって、メールでは分からない、相手の今の気持ちを探ろうとしているのです。
とりあえず、お互いに近況などを聞いて、今どういう心境なのかを観察します。
復縁したい気持ちでいっぱいでも、とりあえず落ち着いて、相手の様子を伺います。
優しく話を聞いていれば、相手も本音を話しやすくなるので、こちらから言わなくても、復縁したいと言ってきます。
別れた恋人だとしても、2人きりで会うということは、特別なことです。
そうした誘いがあったら、相手の気持ちはこちらに向いているので、焦って復縁を迫らなくても大丈夫です。
好きな人を簡単にあきらめることはできませんし、他の人に取られたらどうしようと、不安になりますが、落ち着いて相手の出方を見ながら待つことが、復縁が成功するポイントです。

スポンサーリンク