復縁 手紙 タイミング

復縁したくても手紙はタイミングが大切です

スポンサーリンク

手書きで書く手紙は、メールを使うよりも気持ちが伝わりやすいので恋人に送る手段として効果的です。
これは、復縁をしたいと思っている相手にも気持ちを伝えるやり方として有効です。
しかし、落ち着いていないときに焦って手紙を出すとタイミングを間違ってしまい逆効果になってしまいます。
まず、別れてしまってからすぐはお互いに冷静でない場合が多いですので、送るにはベストのタイミングではありません。
特に、復縁をしたいとあなたが思っていても、相手はあなたへのマイナスな感情のほうが大きい時期です。
いくらやり直したいと連絡をとっても、冷静になっていない相手にはほとんど何も伝わらないことのほうが多いです。
まず、落ち着くために冷却期間として6ヶ月程度は、手紙だけではなくメールや電話でも相手に連絡をしないほうがうまくいきます。

スポンサーリンク

復縁をしたいと思うのであれば、知っておかなければいけないことがあります。
それは、復縁はマイナスからのスタートだということです。
つまり、相手が持っているあなたへのマイナスな感情をまず取らなければいけません。
ですので、別れてからはじめの6ヶ月ほどは必ず連絡をしてはいけません。
中途半端に連絡をあなたがし続けると、相手の中にはあなたと別れたときの感情がいつまでも残り続けてしまいます。
冷静になるために沈黙の期間をしっかり取ることで、相手にはあなたのマイナスな感情がほとんどなくなります。
そうなってから、また友達としてゼロからゆっくり関係を作っていくことが大切です。
ここでも大事なのは、相手に自分がまだ未練を持っていると思わせてはいけないということです。
友達としての関係を取り戻せたら、あなたのことをまた好きになってもらう努力をします。
復縁するために手紙を出すのは、この頃、相手があなたに良い感情を持つようになってからが良いです。

スポンサーリンク